2016年12月8日木曜日

Windows10がネットワーク接続できない

12月8日頃のWindows10アップデート後にLAN接続できなくなるWindows10が数台ありました。
Windowsネットワーク診断でも解決せずDHCPサーバーからIPアドレスを取得できていない様だったので

  • ユーザーに何度か再起動してもらう
  • ipconfig /renewを行う

で解決しました。

-------------------------------------------------------------------
>ipconfig /renew

Windows IP 構成

インターフェイス イーサネット の更新中にエラーが発生しました: 要求したアドレスのコンテキストが無効です。
--------------------------------------------------------------------
等とエラーになり、もう一度試みたら成功するという場合もありました。

参考
Windows 10 のネットワーク接続の問題を解決する
下記リンクの
「コマンド プロンプト ウィンドウで上記の処理を行うネットワーク コマンドを実行するには」参照
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10741/windows-10-fix-network-connection-issues



上のバナーをクリックしてG Suiteの無料試用を行うお客様が有料プランに移行する場合に使えるG Suite利用料1年間20%OFFのクーポンを送付いたします。 下のお問合せフォームよりG Suiteのクーポン希望の旨ご連絡下さい。

2016年11月8日火曜日

Windows10のクリーンインストール

Windows7professionalからWindows10ProにアップグレードしたPCがフリーズ、印刷が遅いなど細かい不具合を繰り返しているのでWindows10Proのクリーンインストールを試してみました。

手順

Windows10のダウンロード

下記よりWindows10をダウンロードしてインストール用USBフラッシュメモリを作成
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

プロダクトキーの確認

プロダクトキーを入力(全て共通、下記参照)
http://answers.microsoft.com/en-us/insider/forum/insider_wintp-insider_install/windows-10-build-10240-activationkey/a870640c-5a39-42c4-9e04-60991136f6a9?auth=1

インストール

準備したUSBフラッシュメモリより起動してディスクのフォーマット、インストール。
Windows10 Pro 32bitを64bitにすることもできました。

インストール、WindowsUpdate、アプリインストール、環境設定等で2時間弱の作業でした。
以前より安定して動作しているようです。

2016年9月29日木曜日

Google Apps(G Suite)で上がる生産性

数年前にGoogle Appsを導入したお客様がいます。

Google Apps導入で自社ドメインのメール送受信がウェブメール(Gmail)に代わり、また、スマートフォンでもメール送受信ができるようになったことでメール受信から返信処理のスピードが格段に上がりました。

メールで済ませられる会議、打ち合わせはメールで済ませてしまう等メールで処理する仕事の比率を高めることで更に生産性は上がっています。

Google Appsはもう10年近く前にサービス開始して割と早い時期に導入して効果を確認したのですが意外と普及していないようですが組織の規模が小さいほど簡単に導入でき効果が高いのでおすすめだと思います。

Google Appsとは

Google Apps導入についてのご相談承ります。
ご連絡下さい。
上のバナーをクリックしてG Suiteの無料試用を行うお客様が有料プランに移行する場合に使えるG Suite利用料1年間20%OFFのクーポンを送付いたします。 下のお問合せフォームよりG Suiteのクーポン希望の旨ご連絡下さい。

2016年8月29日月曜日

PRIMERGY TX1310+Windows10Proでファイルサーバー

ユーザー数10人程度の小規模オフィスのファイルサーバー構築。

Windows10Proの最大同時接続数20で間に合うのでFujitsu PRIMERGY TX1310にWindows10Proをインストールしてファイルサーバーとして利用しました。

Windows10インストール手順

BIOSのRAID設定を変更


  1. 起動時F2でbios設定
  2. Advanced→SATA Configuration→SATA ModeをRAID ModeからAHCIモードに変更

HDD一台(NonRAID)の場合上記の設定を行わないとHDDを認識しないので設定変更。
後は普通にインストールを進めれば不明なデバイスドライバも無くインストール完了しました。

サーバー機 PRIMERGY TX1310 M1 29,800円
Windows10Pro 24,767円

2016年7月23日土曜日

Windows10を複数台アップグレード

10台以上のPCをWindows10にアップグレードする必要があったので作業時間短縮の為、アップグレードプログラムをファイルサーバーに置きそこからアップグレードを起動する方法で作業してみました。

下記よりWindows10をUSBフラッシュドライブにインストールメディアを作成し
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

USBフラッシュドライブの内容をファイルサーバーにコピーし既存のOSに合わせx64かx86フォルダにあるsetup.exeを実行する方法でプロダクトキーを求められることもなくうまくいきました。

インストールプログラム全体をダウンロードする時間が省かれるので1台当たり3~4割作業時間が短縮された感じです。

7月30日以降にサーバーに置いたこのアップグレードプログラムを起動してアップグレードするとプロダクトキーを聞かれるようになるのだろうか?


2016年5月21日土曜日

Wifi(無線LAN)接続のPCにリモートデスクトップ接続する方法

ケーブル接続がなく無線LAN接続のみでLANに接続しているPCにリモートデスクトップ接続する設定。

無線LAN接続のPCにWindowsのリモートデスクトップ接続すると下のように接続できないケースが多い。



Wifiネットワークアダプタの設定を確認、変更する

「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「ワイヤレスネットワーク接続」→「構成」




「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックを入れる
(グレーアウトしている場合詳細設定タブのwake on lan関係(Wifiアダプタにより項目名は異なる)の設定項目を有効にする)

上のバナーをクリックしてG Suiteの無料試用を行うお客様が有料プランに移行する場合に使えるG Suite利用料1年間20%OFFのクーポンを送付いたします。 お問合せフォームよりG Suiteのクーポン希望の旨ご連絡下さい。

2016年5月17日火曜日

Windows10にアップグレードした際発生した問題と対応

古いExcelでExcelファイルをダブルクリックしてもExcelが起動しない

→Program FilesのExcel.exeを右クリック、「プロパティ」の「互換性」でトラブルシューティング

共有フォルダにGuest(匿名)アクセスできなくなった

→コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」の「共有の詳細設定の変更」で「パスワード保護共有」を「無効」にする。
すると共有設定のアカウント追加にGuestグループが現れるのでアクセス権を与える。

Windows10に対応していないソフトがある

→これは代替ソフトを探すかバージョンアップする

プリンターで印刷する際に問題が起こるケース多数


  • 印刷が遅い
  • 複数ページの印刷で全てのページを出力しない
  • 印刷ができなくなった

プリンタ削除、再作成、print spool停止、開始等を行っても改善しないケースがほとんどです。


エクスプローラーで存在するフォルダ(隠しファイルではない)が表示されない

ファイルサーバーのファイルをエクスプローラーで一覧した際に隠しファイルではないのに存在するファイル、フォルダが表示されない。アップデート、再起動を繰り返したら解消された。
(Windows10固有の問題かは不明です。)

関連

2016年4月26日火曜日

PC10台をWindows7からWindows10にアップグレード

お客様のご要望により10台のWindows7PCをWindows10にアップグレードしました

目的

  • 動作パフォーマンスの改善
  • 意図せずWindows10にアップグレードされ混乱することを回避する為
  • PCの利用状況の調査

問題点

  • 10台を順にアップグレードしたところ時間帯によって通信速度が遅くなることがあり長いものは30分以上をダウンロードに費やした。(これは環境その他の条件、アップグレード手順の変更により改善できると思われる。)(参考:Windows10のダウンロード
  • ドライバの競合と思われる原因でアプリケーションが頻繁にフリーズが発生したPCが1台。一旦Windows7に戻すこととなった。
  • ソフトでのシャットダウンができないPCが1台あり高速化オプションをオフにして解決したPCが1台
  • 解像度の設定が合わず手動で設定したPCが1台
  • アップグレード中に既存ソフトの削除をもとめられたPCが1台

当初の目的をほぼ達成できおおよその所要時間(今回は12時間)もつかむことができました。

関連




2016年4月10日日曜日

マルウェアTeslaCrypt感染に対応


マルウェア(ランサムウェア)TeslaCryptの亜種(TeslaCrypt4.0?)に感染してしまったPCに対応。

現象

感染PCのアクセスできる場所(内蔵ハードディスク、ファイルサーバーの書き込み権限のあるフォルダ等)のファイル(xls pdf jpg等)を次々に暗号化、暗号化されたファイルは開くことができなくなる。拡張子が.vvvや.mp3に変更される事例があるようだが今回は拡張子は変更されなかった。暗号化されたファイルが置いてあるフォルダには下記のファイルが生成される。

-!RecOveR!-tfywe++.png
-!RecOveR!-tfywe++.txt
-!RecOveR!-tfywe++.htm

ファイルの内容はどれも「ファイルを暗号化したのでビットコインで復号キーを売ります」といった脅迫状のような内容。レジストリの変更等。

参考
「vvvウイルス」正体はTeslaCryptか。 PCファイルを勝手に暗号化、対策は?

行った対応

  • まずネットワークケーブルを抜きファイルサーバーのファイルの暗号化を止める
  • Microsoft Safety Scannerをダウンロード、インストールしてウィルスチェック。上記の-!RecOveR!-tfywe++.htmが削除された。Safety Scannerが検知したウィルスはRansom:HTML/Tescrypt.E、Ransom:Win32/Tescrypt.T
  • ネットで調べると暗号化されたファイルの復号化ツール等も存在し、マルウェアのバージョンによってはそれを使って復号化の可能性もあるようだがバックアップファイルが存在するのでそれを使用して復元。
  • 感染PCはレジストリの値の変更、ブラウザ設定の変更等が行われているためおかしな挙動が多々あったので初期化or廃棄とする。PC内にはほとんどユーザー作成のファイルが無かった為被害は最小限でした。

今後

リスクとコストを踏まえ「ウィルス対策の強化」「バックアップの強化」「現状維持」の選択肢を検討。

関連情報

ランサムウェア「TeslaCrypt」の攻撃が活発化 - シマンテック

ランサムウェア感染予防の無償ワクチン、Bitdefenderがリリース

スパムで送信される新しいTeslaCryptランサムウェアに注意

2016年3月18日金曜日

JacConvertによるDWG読み込みを設定

JacConvert、TeighaFileConverterをインストール後

JacConvertを起動



 「ファイル」「ファイルを開く」「DWGを開く」





「TeighaFileConverterの登録場所を手動でセットする」ボタンを押す



TeighaFileConverte.exeを探して選択する。(既定ではC:/Program Files/ODA/TeighaFile Converter.........」


OKして一度JacConvertを終了してもう一度JacConvertを起動し「ファイル」「開く」「DWGを開く」を選択

2016年3月17日木曜日

TeighaFileConverterインストール手順

下のファイルをダウンロード(Windowsの場合)、保存してダブルクリック
https://download.opendesign.com/guestfiles/TeighaFileConverter/TeighaFileConverter_QT5_vc10dll.msi









2016年1月18日月曜日

ファイルサーバーのファイル転送速度を測定-4

ファイルサーバーを更新したので転送速度を測定。
体感的に速く快適になっていたが数値によっても裏付けられた。



測定経路

クライアントPC(HP Miroserver N54L)

ハブ(DELL Power Connect 2748)

ファイルサーバー(HP Microserver gen8 Xeon E3-1220L v2)


測定ソフト
LAN Speed Test (Lite) v1.3.2 (Free)(Totusoft)

2016年1月8日金曜日

ファイルサーバー用サーバー機の選択肢

中小規模LANのファイルサーバー用途となるサーバー機検討のため選択肢を挙げてみました。

DELL


PowerEdge T110 II 

Xeon E3-1270v2 (3.50 GHz,69W) [+ 61,997円]
Xeon E3-1240v2 (3.40 GHz,69W) [+ 52,785円]
Xeon E3-1230v2 (3.30 GHz,69W) [+ 48,231円]
Xeon E3-1220v2 (3.10 GHz,69W) [+ 34,983円]
Core i3-2120 (3.30 GHz,65W) [+ 15,836円]
Celeron G1620 (2.7GHz,(55W))

PowerEdge T320 

Pentium 1403 v2 (2.60GHz, 80W), Max Mem 1333MHz
Xeon E5-1410 v2 (2.80GHz, 80W), Max Mem 1333MHz [+ 37,156円]
Xeon E5-2403 v2 (1.80GHz, 80W), Max Mem 1333MHz [+ 30,222円]
Xeon E5-2407 v2 (2.40GHz, 80W), Max Mem 1333MHz [+ 41,607円]
Xeon E5-2420 v2 (2.20GHz, 80W), Max Mem 1600MHz [+ 78,867円]
Xeon E5-2430 v2 (2.50GHz, 80W), Max Mem 1600MHz [+ 108,468円]
Xeon E5-2430L v2 (2.40GHz, 60W), Max Mem 1600MHz [+ 139,621円]
Xeon E5-2440 v2 (1.90GHz, 95W), Max Mem 1600MHz [+ 175,950円]
Xeon E5-2470 v2 (2.40GHz, 95W), Max Mem 1600MHz [+ 329,233円]

HP


HP ProLiant ML10 v2

Pentium G3240

MicroServer Gen8

Celeron G1610T
Core i3-3240
Xeon E3-1220L v2


ML310e Gen8 v2

Xeon E3-1220 v3 3.10GHz


ML110 Gen9

Xeon E5-2603 v3 1.60GHz